社会人・学生サークル佐賀ケルト音楽会「BANDOLIN」

チラシからアクセスありがとうございます!是非詳細をご覧になっていってください!別称は鳥栖・久留米ケルト音楽同好会です!

初投稿

検索エンジン乗るために初投稿です。wipediaから引用。

アイルランド音楽とは、アイルランドに住む人々、ならびにそれ以外の国に住むアイルランド系の人々がアイルランド音楽と認識して作曲あるいは演奏する音楽である。 また本稿では、地域共同体において、セッションやダンス伴奏として弾き継がれている一群の音楽を伝統音楽と呼ぶ。

アイルランドの音楽は、アイルランド民族の海外流出やイギリスやアメリカから受けた影響などがあるものの、その伝統的な側面はいまだ強く残されており、むしろアイルランド音楽自身もまた多くの音楽に直接的・間接的に影響を与えてきたと言える。20世紀ロックはアメリカのカントリー・ミュージックから強い影響を受けているが、カントリー・ミュージックアイルランド音楽を起源のひとつとして持っている。伝統音楽だけでなく現代音楽の分野でも非常に豊かであり、その中にはアイルランド旧来の音楽性に執着しようとする動きもある(要出典)が、アイルランドの国内ですらあまり強い注目を受けておらず、それゆえに伝統音楽および伝統音楽風音楽ほどには海外に伝播してはいない。

また、アイルランド伝統音楽が直接ロックやパンク、その他と結びついて現代化された物がアイルランド内外で大ヒットする事もある。実際、70年代から80年代にかけては、伝統音楽とロックの境界線は不鮮明なものであったが、その際に多くのミュージシャン達がこの2スタイルの垣根を超えて融合しようとする創作を当然のように行ってきた(この傾向は、近年でもU2ホースリップスクラナドなどに見受けられる)。しかしながら、ことアイルランド音楽の場合は、結局は新しいものに取って替わるよりもその原点へと回帰しようという動きも非常に活発であった。

日本では他のケルト圏の音楽と共にケルト音楽とまとめて呼ばれることも多いが、アイルランド人のアイデンティティーや文化に強く由来しているものも多く、こうした「ケルト」という括りを忌避する向き“も”あることは念頭に置いておくべきである。 特に、アイルランド伝統歌にはイングランドによる支配に対する抵抗戦争を歌ったものが多くあり、イングランド音楽と混同しないよう配慮するのが望ましい。 アイルランド北部の伝統曲には、交流があったことや、民族的なルーツを共にすることからスコットランド音楽と共通するレパートリーが多くある。 よって、アイルランドアイデンティティと強く結びついたもの(イングランド抵抗歌や土地の言い伝えを扱う歌など)をアイルランド音楽と呼び、スコットランドをはじめ他のケルト国家と共有するもの(ジグやリールなど)をケルト音楽と呼ぶことが誤解を招かない呼び方となる。